BUSINESS COMPANY RECRUIT CONTACT NEWS

LARGE WALL大壁工法

DURACRETEデラクリート

デラクリートは、無機軽量骨材入りポルトランドセメントモルタルを芯材に、両面にガラス繊維ネットを埋め込んで補強したセメント系ボードを基材とした外・内壁材システムです。仕上げに対する自由度が高く、塗り物からタイルや業績などの張り物をまで各種仕上げ材との組み合わせができます。また、曲面施工や通気構法にも対応可能な、オールラウンドな壁材です。

FEATUREデラクリートの特徴

POINT 01

大壁仕上げに対応

デラクリート セメントボードシステムは、910mm×1820mm(または910mm×2000mm)のセメントボードを継ぎ合わせて施工しますが、専用のガラス繊維テープで継ぎ目を補強して、専用ベースコートで下地調整をする、半乾半湿の工法ですから目地のほとんどない大壁にすることができます。

デラクリートセメントボード

骨材入りポルトランドセメントを芯材とし、その表裏両面に耐アルカリ性ガラス繊維ネットを埋め込んで補強したセメント系ボード。

POINT 02

通気構法

構造はもとより、多様化する各種仕上げ材にも対応

デラクリート セメントボードシステムは、塗り壁仕上げにしても、住宅性能表示項目(関連項目)の省エネルギー等級・劣化対策等級における最高等級取得の必須項目である通気構法に対応できます。

POINT 03

曲面施工が可能

加工が容易・曲面も可能

デラクリートセメントボードは、可とう性に富んだしなやかな特性をもっています。これにより、最小曲げ半径2.4mまでの曲面壁を施工現場で容易に創出することができます。

POINT 04

耐クラック性

ある程度分散・吸収させ、クラックの発生を低減

セメントボード内に発生させるマイクロクラックにより、外部応力をボード内部において、ある程度分散・吸収させることで、目地部およびモルタル面への応力の集中・伝達を少なくし、クラックの発生を著しく低減することができます。

POINT 05

高い仕上げの自由度

全33色、2パターンの専用化粧仕上げ材で様々な仕上げに対応

デラクリートは、半乾半湿工法ですから各種湿式系塗り材はもとより、タイル、擬石などの張り材による仕上げにも対応します。また同じ壁面上で塗り材とタイル、擬石などを組み合わせることも自在です。

POINT 06

木造・鉄骨造に対応

多様な建築スタイルに施工可能

デラクリート セメントボードシステムは、木造軸組工法やツーバイフォー工法など木造の個人住宅から、鉄骨造の店舗、商業建築など地上3階建て相当までの多様な建築スタイルにお使いいただけます。

POINT 07

現場加工が容易

デラクリートセメントボードは、丸鋸で簡単に切断できるので、ボードの重ね張りなどにより隅石、要石、飾り縁などのデザインが比較的容易に行えます。

POINT 08

耐水性

デラクリートセメントボードは、無機系の材料で構成されていおり、セメント系なので、 吸水しても膨潤・軟化・層間剥離などを生じません。

POINT 09

耐火性

耐火性に優れたデラクリートセメントボードは、不燃材料、防火構造、準耐火構造などの国土交通省認定・指定を取得しています。

・不燃材料 NM-2083
・30分防火構造 木造軸組構造(通気構法)
木造軸組構造(直張構法)
木造軸組構造(外張断熱)
木造軸組構造(ポリスチレンフォーム板内断熱工法)
木造枠組構造(通気構法)
木造枠組構造(外張断熱)
鉄骨造(通気構法、直張構法)
木造軒裏
・30分準耐火構造 木造軸組構造(通気構法)
・45分準耐火構造 木造軸組構造(直張構法)
木造枠組構造(通気構法)
軽量鉄骨造(通気構法、直張構法)
・60分準耐火構造 木造枠組構造(通気構法)
・45分耐火構造 木造枠組構造(通気構法)
  • ・不燃材料
  • NM-2083
  • ・30分防火構造
  • 木造軸組構造(通気構法)
  • 木造軸組構造(直張構法)
  • 木造軸組構造(外張断熱)
  • 木造軸組構造(ポリスチレンフォーム板内断熱工法)
  • 木造枠組構造(通気構法)
  • 木造枠組構造(外張断熱)
  • 鉄骨造(通気構法、直張構法)
  • 木造軒裏
  • ・30分準耐火構造
  • 木造軸組構造(通気構法)
  • ・45分準耐火構造
  • 木造軸組構造(直張構法)
  • 木造枠組構造(通気構法)
  • 軽量鉄骨造(通気構法、直張構法)
  • ・60分準耐火構造
  • 木造枠組構造(通気構法)
  • ・45分耐火構造
  • 木造枠組構造(通気構法)

POINT 10

耐久・耐震性

耐候性にすぐれ広い範囲の温度や湿度の変化、風雨、凍結融解に高い耐久性を発揮します。また(公財)日本住宅木材技術センターの面内せん断試験で高い耐久性能が確認されています。

POINT 11

ゼロアスベスト

発ガン性物質のアスベスト(石綿)を含有していないので、工事をされる方も、住まわれる方も安心してお使いいただけます。

NICHIHA MOEN
LARGE WALLニチハ モエン大壁工法

「モエン大壁工法」は、モエンパネル、専用の弾性目地処理材とソフトクロス、ジョリパッドネオ・指定パターンを基本構成とし、サイディング継ぎ目の目立ちにくい大壁仕上げの外壁をご提供します。大壁仕上げに関わる様々な「安心と信頼」を追求した工法です。

FEATUREニチハ モエン大壁工法の特徴

POINT 01

信頼できる下地素材
モエンパネル

豊富な実績と長期にわたる耐久性、寸法安定性、防耐火性に優れたモエンパネルが、大壁としての美観維持に大きく貢献します。

耐火等級3等級対応品
国土交通大臣認定準耐火構造

下地状況

モエン
パネル

45分準耐火構造
外壁 QFO 45BE-9226 QFO 45CN-9032
間仕切壁 QFO 45BP-9070 軒裏 QFO 45RS-9122
45分準耐火構造
外壁 QFO 45BE-9226
QFO 45CN-9032
間仕切壁 QFO 45BP-9070
軒裏 QFO 45RS-9122

国土交通大臣認定準耐火構造

防火構造認定番号

木造下地PC030BE-9201

POINT 02

外壁通気構法を取り入れた劣化対策

躯体とサイディングの間に通気層を設け、湿気を屋外に放出する「外壁通気構法」を採用しました。そのため土台や柱の腐朽、白蟻繁殖の原因となる結露追を防止し、断熱性能も高めるため、住宅の品質確保の促進等に関する法律で新設された「日本住宅性能表示基準」の「劣化対策等級」で、最高値である等級3を確保するための一条件となります。

POINT 03

独自の目地処理手法

モエンパネルに、ニチハ(株)が開発した弾性目地処理材とソフトクロスを施工することにより、さらに安心できる大壁仕上げをご提供します。

POINT 04

短い工期で施工可能

下地に窯業系サイディングを使っているため、モルタルに比べて工期が飛躍的に速くなっています。

DOWNLOADカタログダウンロード

より詳しい情報はカタログをご覧ください。
こちらからダウンロードいただけます。