BUSINESS COMPANY RECRUIT CONTACT NEWS

JOLYACEジョリエース

ジョリエースは工場や厨房といった、高い耐久性が求められる環境で実力を発揮する塗床材です。塗床を行うことで、床の劣化を防いだり、滑りにくくしたり、色をつけたりできます。段差をなくし平面にすることはもちろん、お客様の様々なご要望「HACCP対応・安全衛生面・品質管理向上」等に合わせて、最善策をご提案させて頂きます。

FEATUREジョリエースの特徴

POINT 01

3つのカテゴリーで
あらゆる環境に対応

アイカの「ジョリエース/アイカピュール/ファブリカ」は、あらゆる施設の床スペースを、最適な条件に仕上げる合成樹脂系塗り床材です。多様化する現在の建築ニーズに対応するには、複合的な機能を兼ね備えることと、性能を最大限に引き出す工法の選定にあるといえます。施設のスペースや、要求される条件によって、耐久性、耐摩耗性、耐衝撃性に優れた床材や、酸・アルカリなど耐薬品性の機能を備えた床、さらには帯電気防止効果を持った塗り床が自由に選べます。

ジョリエース合成樹脂系塗り床材

ファブリカ硬質ウレタン樹脂系塗り床材

アイカピュール水性硬質ウレタン樹脂系塗り材

POINT 02

エコに配慮した塗り床材

アイカの塗り材、主要工法が「13物質非含有」に標準対応。厚生労働省指針13物質、文部科学省「学校環境衛生の基準」指定6物質を含有しない、安全性の高い環境対応型塗り材です。シックスクールの原因物質を含まないので、公共機関や学校等にも安心してご使用いただけます。

厚生労働省指針13物質非含有
文部科学省基準6物質非含有

PROCESS下地状況による処理方法

UNEVENNESS

凹凸がある床

CRACK

クラックのある床

WET

水で濡れている床

OIL STAIN

油よごれのある床

侵食や劣化により、下地表面が脆弱化している場合は、研磨材により完全に、脆弱部を除去します。
不陸調整材料は、仕上げを行なう塗床材と同じ樹脂系で、無溶剤タイプの材料を使用しています。

処理方法

下地状況処理方法・使用材料

不陸2〜5mm樹脂ペースト又は樹脂パテ

不陸5mm以上樹脂モルタル

処理方法

01

脆弱化部分の除去、Uカット処理をします。

00

02

汚れの除去、清掃をします。

00

03

樹脂モルタルを充填します。

00

04

塗床仕上げの完成です。

侵食や劣化により、下地表面が脆弱化している場合は、研磨材により完全に、脆弱部を除去します。
クラックを処理数る材料は、仕上げを行なう塗床材と同じ樹脂系で、無溶剤タイプの材料を使用しています。

処理方法

下地状況処理方法・使用材料

クラック幅0.5〜1mm樹脂パテ

クラック幅1mm以上Uカット処理後樹脂パテ

モルタル浮きのあるクラック撤去又はエボキシ注入剤の注入

処理方法

⬛︎ 幅0.5〜1mmのクラック

01

00

02

樹脂パテを充填します。

⬛︎ 幅0.5〜1mmのクラック

01

00

02

Uカット処理をします。

00

03

樹脂パテを充填します。

下地コンクリート中に水分が過剰に存在する状態で、塗り床材を施工すると、剥離や膨れの原因になります。
これらの不具合を防止する方法として、下地乾燥処理を行います。

改修工程

01

旧塗膜を除去します。

00

02

強制乾燥させます。

00

03

エポキシ系ポリマーセメントを塗布します。

00

04

各工法で仕上げます。(厚膜:フラット、防滑/薄膜:防滑のみ)

機械工場や食品工場・厨房では油分が床に付着・浸透して、塗り床接着の妨げになります。
表面の油分を専用洗剤で洗浄し、浸透が見られる場合は、研削機やプラスト処理により、表面層をハツリ処理します。

処理方法

洗浄剤洗浄後、
研削機又はプラスト処理し
油面用プライマー+樹脂モルタル

エボキシ厚膜仕上げ

改修工程

01

表面洗浄し研削又はプラスト処理をします。

00

02

油圧プライマー+樹脂モルタルを塗布します。

00

03

エボキシ厚膜仕上げの完成です。

DOWNLOADカタログダウンロード

より詳しい情報はカタログをご覧ください。
こちらからダウンロードいただけます。